どうしてもお金を都合する必要が生じたとき、消費者金融からのキャッシングを考えるでしょう。
その際に多くの人が重視するポイントは2つあります。
それは「借りやすさ」「ばれにくさ」です。

借入先を選ぶ時に重視するポイント→「借りやすさ」「ばれにくさ」

ばれにくさという点では、多くの業者が配慮しています。
キャッシングをしていることがばれるということは、
無人契約機を訪ねている姿を知り合いに見られること、
または消費者金融のキャッシュカードが人に見られることでしょう。
無人契約機を訪ねる姿を誰かに見られるかもしれないという懸念を避けるために、
現在ではほとんどの業者がインターネットでの審査と借入に対応しています。
これを利用することによって、ネット環境があれば誰でもパソコンから
完全在宅で申し込むことができますし、携帯電話やスマホから申し込むことも可能です。
ただしWEB申込みの場合ローンカードを受け取ってない為、郵送にてカードが送られる、
または自動契約機で受け取る必要があるのでばれる可能性はあります。

ばれにくさで特に突出している消費者金融に関してはその点に触れ、
それ以外では借りやすさについて触れます。
また、それぞれの業者の借りやすさは、筆者がこれまでに複数の消費者金融を利用した経験や、
各業者の経営状態を加味しつつ、筆者の主観によって比較していきます。
多くの比較サイトは真実性に欠ける伝聞や口コミを元に比較がなされていますが、
実際の経験に基づいていることから、それらのサイトより真実味を帯びていると思います。

モビット

バレにくさで飛び抜けて優れているのはモビットです。
なぜならばモビットは、インターネットで申し込んだ場合にはキャッシュカードではなく
IDが発行され、そのIDで借入の手続きができるため、キャッシュカードを見られることで
キャッシングの利用がばれるということがありません。

また、勤務先への電話確認が行われないことからも、ばれにくさが一層高まっています。

なぜ電話確認が行われていないかというと、他の業者に比べて多くの条件を設けることで
申請の際に確実にその勤務先に勤務していることが確認できるからです。
申請のためには、多くの業者は50万円以下の借入であれば収入証明書類が必要ではなく、
本人確認書類も複数のものから一つを選ぶことができますが、
モビットでは社会保険証か組合保険証を必ず提出する必要が有り
さらには50万円以下の借り入れの場合にも収入証明書類が必要なのです。

これらの書類を確認すれば、その人は勤務先を偽って申請することは不可能であるため、
職場への在籍確認を行う必要がなくなるのです。

ただし、この他にも三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていることが条件
なっているため、借り入れのためにクリアしなければならない条件は多いと言えます。
これらの条件によって、モビットは他の業者よりも借りにくい業者であるということができます。

審査自体はそう難しいものではありません。
虚偽申請の余地が皆無であるため、必要書類をすべて揃えることができ、
それらがすべて条件を満たすことができていれば難なく融資が決定されることでしょう。

誰にもばれることなく借入をしたいと思っており、
なおかつモビットの提示する条件をすべてクリア出来る人はモビットを利用するのがおすすめです。

レイク

借りやすさではレイクが最も借り入れをしやすいでしょう。
新生銀行の提供するキャッシングであることから安心感も大きく、
キャッシュカードも「SHINSEI BANK」と書かれているだけの簡素なものであるため、
一見銀行のキャッシュカードに見えて何ら怪しくありません。
また、このキャッシュカードは新生銀行の通常の引き出し・預け入れの取引にも
対応している
ため、この点でもキャッシュカードを持っていることが
そのままキャッシングを利用していることを示すものではないということであり、
ばれにくさにつながります。
インターネット申込にも対応しているため、ばれにくさは高いと言えます。

なぜ借りやすいかというと、筆者が借入を行った時には3件目の借入先として
借りたにも関わらず、何ら特殊な審査も行われず、聞かれることは通り一遍の
ことだけで融資の許可が下りたからです。
しかも50万円の融資を決定してもらえたため、最も借りやすい業者と思っています。

ちなみに、この時はインターネット申込によって借入を行うことができたため、
店舗を訪ねる必要もありませんでした。

アコム

アコムのばれにくさはそれほど特徴のあるものではありません。
インターネット申し込みに対応しているため、店舗に尋ねる必要はありません。
しかしキャッシュカードは「AC」と書かれている青色のカードであるため、
見る人が見ればキャッシュカードであることはすぐにばれてしまうでしょう。

借りやすさは、審査の厳しさから普通レベルより少し借りにくいといえます。
筆者は無人契約機を訪ねて50万円までの融資決定を受けたのですが、
審査は厳しく行われました。どこの消費者金融でも聞かれることは漏れなく聞かれ、
職場への在籍確認も普通に行われ、さらには申請の際に用いた携帯電話番号が
偽りの番号でないことの確認も行われました。
この電話番号の確認は、無人契約機での通話がつながった状態で携帯に電話があり、
着信音が鳴ることで確認がなされます。このような確認が行われたのはアコムだけでした。

筆者は消費者金融をそれまで利用したことがなく、1件目の借入先としてアコムを選んだのですが、
申請の時点で多重債務者でもない筆者に対してそのような確認が行われたのは
審査が厳しく行われていることの証明になると思います。

また、アコムは勤務先で筆者がどのような業務に携わっているか、
などということまで詳しく聞いてきましたが、これもアコムだけで聞かれたことでした。

プロミス

プロミスもアコムと同様に、ばれにくさはとくに特徴があるものではありません。
インターネット申し込みに対応していますが、キャッシュカードは紺色の特徴あるもので、
これも見る人が見ればすぐにプロミスからキャッシングをしていることがばれるものです。

借りやすさはそこそこのもので、小口の融資は非常に受けやすいという感じです。
インターネット申請で審査を受けたのですが、聞かれたことは通り一遍のもので、
なんら特殊なことはありませんでした。
そして比較的早く融資が決定されましたが、50万円の借入を申請していたことに対して
10万円までの融資となりました。

したがって、プロミスは小口の融資であれば比較的借りやすいということができるでしょう。
なお、10万円の借入をした後、順調に返済をしていると3ヶ月程度で
30万円まで融資枠が増えたため、一度取引が開始されて
優良顧客であるとわかればすぐに融資枠が増えると言えます。

アイフル

アイフルからの借り入れはある意味最終手段と言えるでしょう。
ばれにくさは普通ですが、大手消費者金融では最も借りにくい業者です。
大手消費者金融の中では最も借りにくいといえます。
これは、アコム、プロミス、レイク、モビットなどの大手消費者金融のバックに
大手銀行が付いているのに対し、アイフルはそのような強い後ろ盾がないことから、
新規の顧客に対して慎重に審査をしているからだと思われます。

しかしながら、融資プランの中でも「わんポチっと」のように
上限額を10万円までとする小口の融資であれば、新規顧客に対しても比較的甘い審査で
融資をする傾向もあるため、使い方によっては借りやすい業者として挙げられるかもしれません。

業者を在籍確認と郵送物の有無で比較してみました

ばれるかばれないか気になることを挙げてみます。

業者ごとにまとめてみましたので確認してみましょう。

業者名 金利 限度額 在籍確認の電話 郵送物なしでの借入 郵送物がある場合
の差出人名
モビット 4.8%~18.0% 500万円迄 WEB完結」での
申し込みの場合なし
「WEB完結」での申し込みは郵送物なし
またローン申込機での申し込みで
カードをその場で受け取れば郵送物なし
MCセンター
レイク 4.5%~18.0% 500万円 原則あり(※1) 来店・自動契約機を利用して
その場でカードを受け取れば郵送物なし
新生銀行
アコム 4.7%~18.0% 500万円 原則あり(※1) 店舗窓口・むじんくんで契約して
その場でカードを受け取れば郵送物なし
ACサービスセンター
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 原則あり(※1) 店舗・自動契約機を利用して、
その場でローンカードを発行すれば郵送物なし
事務センター、
個人名など
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 原則あり(※1) 店舗窓口・契約ルームで契約し、
その場でローンカードを受け取れば郵送物なし
AIセンター

(※1)給与明細・保険証などの提出で在籍確認とみなし電話連絡なしの場合もあるようです。

基本的にはすべての業者で在籍確認で勤務先に電話連絡がきます
モビットの場合は上記でも説明しましたが、条件が揃えば「WEB完結」での申し込みが可能なので
その場合は在籍確認の電話連絡なしでの借入が可能です。

郵送物なしでの借入については店舗に来店又は自動契約機を利用して申込みし、
その場でローンカードを受け取る事ができれば郵送物なし借入が可能
です。
またもし郵送での手続きをしたとしてもプライバシーの配慮の為、
アコム、レイク、モビット、アイフル、プロミスなどの消費者金融名ではなく
上の表にあるような差出人名や個人名等、別の差出人名で届きますので借入した事がばれないかと思います。
それでも心配な方は予め業者に郵送物の送らないように言っておいた方がよいかもしれません。

注意

郵送物に関しては上記で説明した通り、店舗窓口や自動契約機などを利用して
ローンカードをその場で発行して受け取れば郵送物なしでで続きは可能です。

しかし注意して欲しいのが返済を滞納する事です。
返済期日に遅れた場合は業者が連絡してくるのですが本人と連絡が取れない場合、
勤務先や自宅に電話で連絡がきます。それでも連絡がとれない場合は郵送で督促状などが届きます
1回でも遅れるとすぐに勤務先や自宅に連絡、督促状が届いたりするわけではありませんが、
返済期日に遅れないように計画的に返済する事が重要です。
注意しておかないと、ばれないようにしていたとしてもこういった事でばれる可能性があります。

お役立ちサイト

appmanifest.org

カードローンお勧め.com

COPYRIGHT© 大手消費者金融を選ぶポイントは?借りやすさ、ばれにくさなどを比較する ALLRIGHTS RESERVED.